ニュージーランドの本

児童文学を中心に、ニュージーランドの本(ときどきオーストラリアも)をご紹介します。

★ようこそ!

ご訪問ありがとうございます。 このブログでは、子ども向けを中心に、ニュージーランドやオーストラリアの本を紹介しています。未訳作品については、邦訳出版をめざしたレジュメの形をとっています。長編作品の【あらすじ】は、途中で切ってありますのでご了…

★Oh Boy: A Storybook of Epic NZ Men (仮題『キーウィ・ボーイズ ニュージーランドの偉大な男たちの物語』)

【基本情報】Oh Boy: A Storybook of Epic NZ Men (仮題『キーウィ・ボーイズ ニュージーランドの偉大な男たちの物語』)著者:スチュアート・リップショー(Stuart Lipshaw)出版社:Penguin Random House (Puffin) New Zealand出版年月:2018年10月 ISBN…

★This Mortal Boy(仮題『絞首刑の少年』)

【基本情報】書名:This Mortal Boy(仮題『絞首刑の少年』) *2019年ニュージーランド・ブックラヴァーズ賞小説部門受賞作品 *2019年オッカム・ニュージーランド図書賞フィクション部門受賞作品 (「オッカム」はスポンサー名)著者:フィオナ・キッドマ…

★Wildlife of Aotearoa(仮題『アオテアロアの生き物たち』)

【基本情報】書名:Wildlife of Aotearoa(仮題『アオテアロアの生き物たち』) *2020年ニュージーランド・ブックラヴァーズ賞児童書部門受賞作品作者:ガヴィン・ビショップ(Gavin Bishop)文・絵出版社:Penguin Random House (Puffin) New Zealand出版…

★Pioneer Women (仮題『開拓時代の女性たち』)

【基本情報】書名:Pioneer Women (The NZ Series)「ザ・ニュージーランド」シリーズ『開拓時代の女性たち』(仮題) 編者:サラ・エル(Sarah Ell) 出版元:Oratia Books 発行年月:2019年7月ページ数:100 サイズ:24×16cm(ペーパーバック) ISBN:97809…

★Mrs Battleship(仮題『ぼくの軍艦先生』)

【基本情報】書名:Mrs Battleship(仮題『ぼくの軍艦先生』)作者:ティム・ティペネ(Tim Tipene) 出版元:One Tree House発行年月:2019年9月 ページ数:76(本文69) ペーパーバックISBN:9780995106796 対象年齢:小学生以上 【概要】 作家であり、子…

おすすめ★Sitting on the Fence(仮題『フェンスの上で ラグビーと人種差別をめぐる対立』)

ラグビーワールドカップ2019日本大会での日本チームの活躍には、ほんとうに感動しました。ニュージーランドのニュースでも、日本ラグビーの躍進が讃えられています。私は1995年の南アフリカ大会の頃、ニュージーランドでホームステイしていたのですが、ニュ…

★Bess :The Brave War Horse(仮題『勇気ある軍馬ベス』)

【基本情報】書名:Bess :The Brave War Horse(仮題『勇気ある軍馬ベス』)作者:スーザン・ブロッカー(Susan Brocker)文/レイモンド・マグラス(Raymond McGrath)絵出版社:Scholastic New Zealand出版年月:2019年3月 ISBN:9781775435563サイズ:22…

★『こわす』(Demolition)と『たてる』(Construction)

『こわす こうじのえほん』(Demolition Walker Books 2012)『たてる こうじのえほん』(Construction Walker Books 2014)サリー・サットン作/ブライアン・ラブロック絵/新谷祥子訳/福音館書店/2019.3.15*第25回日本絵本賞最終候補作品

★Cook's Cook --The Cook Who Cooked for Captain Cook (仮題『クック船長のコックさん』

【基本情報】書名:Cook's Cook --The Cook Who Cooked for Captain Cook (仮題『クック船長のコックさん』) *2019年ニュージーランド児童書及びヤングアダルト小説賞 〈ラッセル・クラーク挿絵賞〉候補作品作者:ガヴィン・ビショップ(Gavin Bishop)文…

★Kate Sheppard:Leading the Way for Women (仮題『ケイト・シェパード 世界の女子リーダー』)

【基本情報】書名:Kate Sheppard:Leading the Way for Women (仮題『ケイト・シェパード 世界の女子リーダー』) 作者:マリア・ギル(Maril Gill)文 マーコ・イヴァノセッチ(Marco Ivančić)絵出版元:Scholastic New Zealand発行年月:2018年11月ペー…

★Puffin the Architect(仮題『パフィンのママが つくったおうち』)

【基本情報】書名:Puffin the Architect(仮題『パフィンのママが つくったおうち』) *2018年NZ Booklovers 賞児童書部門受賞作品 *2019年ニュージーランド児童書及びヤングアダルト小説賞 〈絵本賞〉候補作品 〈ラッセル・クラーク挿絵賞〉受賞作品作者…

★Finding(仮題『ファインディング ここで見つけたもの』)

【基本情報】書名:Finding(仮題『ファインディング ここで見つけたもの』)作者:デイヴィッド・ヒル(David Hill)出版社:Penguin Random House New Zealand出版年月:2018年4月ISBN: 9780143772392ページ数:272(本文228/全8章/巻頭に地図とファミ…

★The Scariest Thing in the Garden(仮題『ああ、おそろしや』)

【基本情報】The Scariest Thing in the Garden(仮題『ああ、おそろしや』) *子ども向けの歌の絵本版。歌は2018年「NZ子どものための音楽賞」を受賞 文:クレイグ・スミス(Craig Smith)絵:スコット・タロック(Scott Tulloch)出版社:Scholastic Ne…

★Go Girl: A Storybook of Epic NZ Women(仮題『すすめ、ガールズ! ニュージーランドの偉大な女の子たちの物語』)

【基本情報】Go Girl: A Storybook of Epic NZ Women(仮題『すすめ、ガールズ! ニュージーランドの偉大な女の子たちの物語』) *2019年ニュージーランド児童書及びヤングアダルト小説賞 〈エルシー・ロック・ノンフィクション賞〉候補作品著者 :バーバラ…

★Dunger(仮題『ウィルとリシーのポンコツ夏休み』)

★★★1月17日に発表された速報です★★★ 2018年国際アンデルセン賞作家賞のショートリスト(最終候補者)の1人に、本書の作者ジョイ・カウリーが選ばれました。受賞者の発表は3月26日の予定です。 ★★★12月30日に発表された速報です★★★ 本書の作者ジョイ・カウ…

★Aotearoa: The New Zealand Story(仮題『アオテアロア(ニュージーランド)のむかし・いま・みらい』)

【基本情報】書名:Aotearoa: The New Zealand Story (仮題『アオテアロア(ニュージーランド)のむかし・いま・みらい』) *2018年ニュージーランド児童書及びヤングアダルト小説賞のマーガレット・マーヒー年間最優秀図書賞(大賞)、エルシー・ロック・…

★The Christmas Tree Tangle(仮題『子ネコがツリーのてっぺんに』)

【基本情報】書名:The Christmas Tree Tangle(仮題『子ネコがツリーのてっぺんに』) 文:マーガレット・マーヒー(Margaret Mahy)絵:サラ・デイヴィス(Sarah Davis)出版社:Penguin Random House (Puffin) New Zealand出版年月:2017年11月 (※初版は…

★Jack and Charlie: Boys of the Bush(仮題『ぼくたちのブッシュぐらし ニュージーランドの小さな町から』)

【基本情報】書名:Jack and Charlie: Boys of the Bush (仮題『ぼくたちのブッシュぐらし ニュージーランドの小さな町から』)*2017年エルシー・ロック・ノンフィクション賞(NZ児童書及びYA小説賞ノンフィクション部門)受賞作品 文:Jack Marcotte…

★The Luminaries(仮題『ルミナリーズ』)

【基本情報】書名:The Luminaries(仮題『ルミナリーズ』)著者:エレノア・キャトン (Eleanor Catton)*2013年ブッカー賞受賞作品*2014年ニュージーランド・ポスト図書賞フィクション部門受賞作品 出版社:Granta Books出版年:2013年頁数:本文832ページ…

★Much Ado About Shakespeare(仮題『シェイクスピアは色あせず』)

【基本情報】書名:Much Ado About Shakespeare(仮題『シェイクスピアは色あせず』) *2016年ニュージーランド児童書及びヤングアダルト小説賞ラッセル・クラーク挿絵賞候補作品文・絵:ドノヴァン・ビクスレー(Donovan Bixley)出版社:Upstart Press (N…

★My Cat Likes to Hide in Boxes(仮題『はこが だいすき、わたしの ねこ』)

【書誌情報】My Cat Likes to Hide in Boxes(仮題『はこが だいすき、わたしの ねこ』) *1975年エスター・グレン賞受賞作品 作者:イヴ・サットン (Eve Sutton)文 リンリー・ドッド(Lynley Dodd)絵初版Hamish Hamilton 1973/Penguin Books NZ 2014 *…

★Sitting on the Fence(仮題『フェンスの上で ラグビーと人種差別をめぐる対立』)

【基本情報】書名:My Story シリーズ Sitting on the Fence –The Diary of Martin Daly, Christchurch 1981- (仮題『フェンスの上で ラグビーと人種差別をめぐる対立』)*2008年ニュージーランド・ポスト児童書及びYA小説賞 児童読み物部門候補作品著者…

★Diary of a Frog(仮題『ムカシガエルの日記』)

【基本情報】書名:Diary of a Frog(仮題『ムカシガエルの日記』)作者:Sally Sutton(サリー・サットン)/文 Dave Gunson(デイヴ・ガンソン)/絵出版社:Scholastic New Zealand出版年月:2013年6月ISBN:978-1775431527ページ数:60ページ(作者前書…

★Nobody's Dog(仮題『わすれられない犬』)

【基本情報】書名:Nobody's Dog(仮題『わすれられない犬』) *2006年ニュージーランド・ポスト児童図書賞子どもたちが選んだ本賞受賞作品 *2006年ラッセル・クラーク賞候補作品作者:ジェニファー・ベック (Jennifer Beck) 文 リンディー・フィシャー (L…

★Fly Pie(仮題『しあわせのハエバーグ』)

【基本情報】書名:Fly Pie(仮題『しあわせのハエバーグ』)作者:ジョイ・カウリー (Joy Cowley)/文 フィリップ・ウェッブ (Philip Webb)/絵出版元:Scholastic New Zealand発行日: 2010年2月ページ数:32ページ(本文29ページ)寸法:21.5×26.5 cm(…

★Chappy(仮題『チャッピー』)

【基本情報】書名:Chappy(仮題『チャッピー』)著者:パトリシア・グレイス (Patricia Grace)*2016年 Ockham ニュージーランド図書賞最終候補作品(Ockham はスポンサー名)出版社:Penguin Books New Zealand出版年:2015年頁数:256ページ ISBN: 978014…

★Myths and Legends of Aotearoa(仮題『アオテアロアの神話と伝説』)

【基本情報】書名:Myths and Legends of Aotearoa(仮題『アオテアロアの神話と伝説』) ※「アオテアロア」はマオリ語でニュージーランドのこと*2000年ニュージーランド・ポスト児童図書賞ノンフィクション部門候補作品*2000年ストーリーラインズ優良図書…

★Breakfast(仮題『あさごはんが おわったら』)

【基本情報】書名:Breakfast(仮題『あさごはんが おわったら』)作者:ジョイ・カウリー(Joy Cowley)文/エイミー・ラム(Amy Lam)絵出版社:Clean Slate Press出版年:2013年ページ数:28ISBN: 978-1927185582サイズ:23.5×23.5センチ(ハードカバー)…

★First to the Top: Sir Edmund Hillary's Amazing Everest Adventure(仮題『頂上にいちばんのり 世界ではじめてエベレストに登ったエドマンド・ヒラリーの冒険』)

【基本情報】書名:First to the Top: Sir Edmund Hillary's Amazing Everest Adventure(仮題『頂上にいちばんのり 世界ではじめてエベレストに登ったエドマンド・ヒラリーのぼうけん』) *2016年PANZブックデザイン賞 Edify Award for Best Education…