ニュージーランドの本

児童文学を中心に、ニュージーランドの本(ときどきオーストラリアも)をご紹介します。

★ようこそ!

 ご訪問ありがとうございます。
 このブログでは、子ども向けを中心に、ニュージーランドやオーストラリアの本を紹介しています。未訳作品については、邦訳出版をめざしたレジュメの形をとっています。長編作品の【あらすじ】は、途中で切ってありますのでご了承ください。出版をご検討いただける場合は、レジュメ(あらすじ全文を含む)、試訳などの資料を送付いたしますので、ご連絡ください。ページ右下にある黄色い縦長の「お問い合わせ」ボタンをクリックすると、連絡用のフォームが開きます。私の連絡先をご存知の方は、電話やメールでももちろんかまいません。 私のプロフィールはこちらです。
 オセアニアの本の魅力を感じていただけたらうれしいです。ゆったりとお楽しみください。
(この記事は、常にトップに表示されるよう、未来の日付で公開しています)

★Cook's Cook --The Cook Who Cooked for Captain Cook (仮題『クック船長のコックさん』

f:id:nzbook:20190315174648j:plain

【基本情報】
書名:Cook's Cook --The Cook Who Cooked for Captain Cook
   (仮題『クック船長のコックさん』)
作者:ガヴィン・ビショップ(Gavin Bishop)文・絵
出版社:Gecko Press
出版年月:2018年9月
ISBN:9781776572045
サイズ:24.5 x 29.5 cm(ハードバック)
ページ数:40
読者対象:小学生から

【概要】
 英国の探検家ジェイムズ・クックがおこなった3回にわたる南太平洋遠征の1回目の旅を紹介するノンフィクション絵本。語り手は、船の料理人だったジョン・トンプソン。

続きを読む

★Kate Sheppard:Leading the Way for Women (仮題『ケイト・シェパード 世界の女子リーダー』)

f:id:nzbook:20181208214326j:plain

【基本情報】
書名:Kate Sheppard:Leading the Way for Women
  (仮題『ケイト・シェパード 世界の女子リーダー』)

作者:マリア・ギル(Maril Gill)文
   マーコ・イヴァノセッチ(Marco Ivančić)絵
出版元:Scholastic New Zealand
発行年月:2018年11月
ページ数:40(本文34)
サイズ:25.5×24.5cm(ハードカバー)
ISBN:9781775435471
対象年齢:小学生以上
作品トレーラー https://www.youtube.com/watch?time_continue=91&v=MU1rOOcXIqE

 *試訳(本文全訳)あります

【概要】
 1893年に世界で初めて女性の投票権が認められた国ニュージーランド。その国民的英雄のひとりで、投票権獲得に尽力した女性ケイト・シェパードの生い立ちと投票権獲得までの道のりを、子ども向けに紹介するノンフィクション絵本です。
 1850年代のイギリスで育ったケイトは、サッカーをやらせてもらえないことに不満を持つ少女でした。14歳で父親を亡くし、20歳のときに母親と兄弟とともにNZに移住。結婚して息子を育てながら、社会運動に関わります。投票権獲得運動を始めたのは、アメリカの禁酒教会の女性の講演を聴いたことをきっかけでした。署名運動を行い、2度失敗するも、1893年に3度目の正直で法案通過を果たします。国中を回っての集会やデモ行進、一軒一軒家を訪ねての署名運動が功を奏したのです。その後は、女性のための新聞を創刊したり、子どもや高齢者の生活向上のために尽力したりと、活動を続けました。NZはもちろん、世界中の女性を導いたリーダーです。

続きを読む

★Puffin the Architect(仮題『パフィンのママが つくったおうち』)

f:id:nzbook:20180902225416j:plain

【基本情報】
書名:Puffin the Architect(仮題『パフィンのママが つくったおうち』)
   *2018年NZ Booklovers 賞児童書部門受賞作品
作者:キンバリー・アンドリューズ(Kimberly Andrews)文・絵
出版元:ペンギンランダムハウス・オーストラリア、ニュージーランド
発行年月:2018年7月
ページ数:32
サイズ:26 × 31cm(ハードカバー)
ISBN:9780143793755
対象年齢:5歳ぐらいから
*試訳(全訳)あります

【概要】
 パフィン(ツノメドリ)のママは、優秀な設計士です。今は自分のおうちを設計中。でも、子どもたちがなかなか気に入ってくれません。いったい、どんなおうちができるのかな?

続きを読む