ニュージーランドの本

児童文学を中心に、ニュージーランドの本(ときどきオーストラリアも)をご紹介します。

★ようこそ!

 ご訪問ありがとうございます。
 このブログでは、私がこれまでに読み、レジュメや試訳を作成したニュージーランドの本を紹介しています。邦訳出版につなげたいと思い、公開することにしました。ほとんどが児童書ですが、大人向け作品も含みます。長編作品の【あらすじ】は、途中で切ってありますのでご了承ください。
 当ブログで紹介している作品の邦訳出版をご検討いただける場合は、レジュメ(あらすじ全文を含む)、試訳などの資料を送付いたしますので、ご連絡ください。ページ右下にある黄色い縦長の「お問い合わせ」ボタンをクリックすると、問い合わせフォームが開きます。私の連絡先をご存知の方は、電話やメールでももちろんかまいません。
 いずれは、既に邦訳されている本のレビューや作家情報もアップしたいと思っています。ニュージーランド文学の普及につながれば何よりです。どうぞよろしくお願いいたします。
 私のプロフィールはこちらです。
(この記事は、常にトップに表示されるよう、未来の日付で公開しています)

★Kate Sheppard:Leading the Way for Women (仮題『ケイト・シェパード 世界の女子リーダー』)

f:id:nzbook:20181208214326j:plain

【基本情報】
書名:Kate Sheppard:Leading the Way for Women
  (仮題『ケイト・シェパード 世界の女子リーダー』)

作者:マリア・ギル(Maril Gill)文
   マーコ・イヴァノセッチ(Marco Ivančić)絵
出版元:Scholastic New Zealand
発行年月:2018年11月
ページ数:40(本文34)
サイズ:25.5×24.5cm(ハードカバー)
ISBN:9781775435471
対象年齢:小学生以上
作品トレーラー https://www.youtube.com/watch?time_continue=91&v=MU1rOOcXIqE

 *試訳(本文全訳)あります

【概要】
 1893年に世界で初めて女性の投票権が認められた国ニュージーランド。その国民的英雄のひとりで、投票権獲得に尽力した女性ケイト・シェパードの生い立ちと投票権獲得までの道のりを、子ども向けに紹介するノンフィクション絵本です。
 1850年代のイギリスで育ったケイトは、サッカーをやらせてもらえないことに不満を持つ少女でした。14歳で父親を亡くし、20歳のときに母親と兄弟とともにNZに移住。結婚して息子を育てながら、社会運動に関わります。投票権獲得運動を始めたのは、アメリカの禁酒教会の女性の講演を聴いたことをきっかけでした。署名運動を行い、2度失敗するも、1893年に3度目の正直で法案通過を果たします。国中を回っての集会やデモ行進、一軒一軒家を訪ねての署名運動が功を奏したのです。その後は、女性のための新聞を創刊したり、子どもや高齢者の生活向上のために尽力したりと、活動を続けました。NZはもちろん、世界中の女性を導いたリーダーです。

続きを読む

★Puffin the Architect(仮題『パフィンのママが つくったおうち』)

f:id:nzbook:20180902225416j:plain

【基本情報】
書名:Puffin the Architect(仮題『パフィンのママが つくったおうち』)
作者:キンバリー・アンドリューズ(Kimberly Andrews)文・絵
出版元:ペンギンランダムハウス・オーストラリア、ニュージーランド
発行年月:2018年7月
ページ数:32
サイズ:26 × 31cm(ハードカバー)
ISBN:9780143793755
対象年齢:5歳ぐらいから
*試訳(全訳)あります

【概要】
 パフィン(ツノメドリ)のママは、優秀な設計士です。今は自分のおうちを設計中。でも、子どもたちがなかなか気に入ってくれません。いったい、どんなおうちができるのかな?

続きを読む

★Finding(仮題『ファインディング ここで見つけたもの』)

f:id:nzbook:20180615100907j:plain

【基本情報】
書名:Finding(仮題『ファインディング ここで見つけたもの』)
作者:デイヴィッド・ヒル(David Hill)
出版社:Penguin Random House New Zealand
出版年月:2018年4月
ISBN: 9780143772392
ページ数:272(本文228/全8章/巻頭に地図とファミリーツリーあり)
読者対象:中学生以上

【概要】
 スコットランドからニュージーランドに移住した家族の、7世代・130年にわたる物語。各世代の十代の若者によるリレー形式で、さまざまな困難を乗り越えてきた家族の歴史を、隣人であるマオリの一族との絆とともに描く。

続きを読む

★The Scariest Thing in the Garden(仮題『ああ、おそろしや』)

f:id:nzbook:20180603121439j:plain

【基本情報】
The Scariest Thing in the Garden(仮題『ああ、おそろしや』)
  *子ども向けの歌の絵本版。歌は2018年「NZ子どものための音楽賞」を受賞

文:クレイグ・スミス(Craig Smith)
絵:スコット・タロック(Scott Tulloch)
出版社:Scholastic New Zealand
出版年月:2017年
ISBN: 9781775435051(CD付き)
サイズ:25×24センチ(ペーパーバック)
ページ数:24
読者対象:3歳ぐらいから
*試訳(全訳)あります

【概要】
 畑で育つ芽キャベツには、おそろしくてたまらないものがありました。それは、アブラムシ。アブラムシにも、おそろしくてたまらないものがありました。それは、テントウムシ。テントウムシがおそれているものは? クモがおそれているものは? そして、そして……ぎゃあ〜〜〜〜〜〜〜! 不気味なメロディーにのせた、おもしろソングの絵本版。

続きを読む